ネイルマシンレッスン

ネイルサロンではオフの時、ケアの時

足の魚の目、タコや角質の除去にマシンを使います。

サロンワークでは必須の技術。

マシンを使う上で大事なことは、先ずは安全。

お客様のお爪の上やその周り、足裏の皮膚での作業になりますので、安全に使用できることが重要です。

お客様で良くお伺いするのは、「よそではとても熱いところがあった。でも言えなかった。ここでは熱くなくって良かった。」

作業時間を気にするあまりか?

回転数を上げすぎ、又は動かし方などで発生する、摩擦熱

こちらはこれが大きな原因。

マシンは高速で回転するので、回転数のチョイスが大事になってきます。

ジェルオフでの回転数

アクリルオフでの回転数

ケアでの回転数

魚の目除去 では・・・・・

などなど、それぞれ違います。

後よく伺うのが

「爪を削られた」という苦情。

爪を削ってしまうのは、とても困ったことです。

マシンを扱うようになるまでにしっかりファイリングを学んでからでないと、どこまでがジェル(アクリル)かわからないので、誤って爪を削ってしまうという事になりがち。

実際にアクリルよりジェルの方が、どこまでがジェルというのが分かりにくいのも事実ですし、今ではジェルが主流なので、良く起こりがちなミスです。

こちらマシンのレッスン

先ずは指君でレッスンして

それから自分の爪で

ネイルの技術の基礎はしっかり学んで、それからマシンを学びましょう。

特集記事
最新記事